不動産経営のノウハウの一つ

不動産経営のノウハウの一つ

埼玉県に不動産会社を構える井山一男さんですが、会社は設立から30年程になるそうです。

その間に色々な事があったようですが、その地域では有名な人となっているようですね。

不動産は、その名のとおり動かせないものですから、長くその場所にあるものであったり、土地そのものだったりするので、長い実績と信用がないと管理は成り立たないものだと思います。

内見の際には、その地域の複雑な道や周囲の店、店の客層等も含めて教えてもらったりしました。

つまり、他所からきた人が直ぐに仕事をできるような業界ではないということですね。

井山一男さんにとって、管理する土地や建物がある地域すべてが一つの家族なのだと思います。

だからこそ長く管理する程に、信用は上がりますし友人、知人も増えるのでしょうね。

もちろん、人が集まるほど良い事ばかりでなく、大小に関わらずトラブルもあったと思いますが、それを一つ一つ丁寧に対応することで味方も増えていったのではないでしょうか。

私も忍耐強く、長くいい仕事をしていきたいものです。

挨拶で色々な敷居が下がる

皆さんがあるお店に行った時に、そこの店員に好印象を抱くのはどんな対応をされたときでしょうか?コンビニなどでもそうですが、店舗に入ったときの挨拶の有無や、その声色から既に評価は始まっていますよね。

コミュニケーションが苦手な人にとっては、挨拶ですら苦手かもしれませんが、そのような人が聞きたい事が出来た時にはどうでしょうか。

入店一番に挨拶をされれば、多少は話しかけ易さの敷居が下がるのではないかと思います。

私の親しい友人が体験した事で言えば、井山一男さんが経営する不動産管理会社の店外での話になります。

進学にあたり、賃貸アパートを探していたところ、このお店に貼られている物件情報を外から眺めていたら、店員がひょっこり出てきて挨拶し、中へ招き入れてくれたそうです。

その友人は、探し始めたばかりでほとんどノープランだったようですが、聴き方が上手だったのでしょうね。

井山一男さんと不動産情報

色々と話し込んだという話を聞きました。

こういった店員の行動というのは、会社を設立した井山一男さんの指導の賜物なのだと思いました。

Comments are closed.